News & Topics新着情報

2022年 第2回野鳥観察会を実施 with新入社員2022.05.17

観察風景 シジュウカラ スズメ

2022年4月8日に第2回野鳥観察会を実施しました。

キヤノンエコロジーインダストリーでは生物多様性活動「キヤノンバードブランチプロジェクト」の一環として定期的に構内の野鳥観察を行っています。キヤノンバードブランチプロジェクトとは、鳥をテーマとした活動を通じ、「生命の循環」について考えることを目的としています。

今回の野鳥観察会は新入社員研修の一環として、生物多様性活動を学ぶこと、キヤノン製品に触れることを目的に行いました。残念ながら当日は強風のため、珍しい野鳥は観察できませんでした(写真上)

観察できた野鳥はシジュウカラ(写真中)、スズメ(写真下)です。
シジュウカラは全国各地で見られ、春から初夏が繁殖期で、構内でもよく観察できます。シジュウカラの主食は虫です。この日はイモ虫のようなものを捕まえて食べていました。写真は次のエサを探すため、隣の枝に飛び移る瞬間を捉えたものです。
スズメも春から初夏にかけて繁殖期です。スズメは雑食で、木の実や種、虫などを食べています。繁殖期はヒナに栄養を与えるため、虫を捕まえることが多くなります。写真はエサを探している様子です。フェンスをしっかりつかんで狙いを定めている姿がかわいいですね。

また、シジュウカラとスズメが構内に設置した巣箱に出入りしている姿をよく見ます。いくつの巣箱で巣作りが行われているか、今後確認していきます。

キヤノンエコロジーインダストリーは今後も野鳥を通じた生物多様性活動に取り組んでいきます。

新着情報一覧に戻る